コワーキング・スペース「New Work City New York」Vol.2

前回のエントリに続き、NYのコワーキングスペース「New Work City New York」(以下NWC)について書こうと思います。

Vol.1は自分が実際現地に行って見てきた場の雰囲気を書いたのですが、今回のVol.2では、そこで聞いてきたこと、それから調べたことをまとめていきます。

I love NWC

NWC Founder TonyからもらったNWCステッカー

「New Work City New York」の概要

  • URL:http://www.nwcny.com/
  • Twitter:@nwc
  • コアメンバー:@tonybgoodeと@chislettの2人
  • 開いてる時間:月~金曜日 9:00~信頼に置ける、鍵を持った人が最後にスペースを出るまで。(通常最低でも19:00まではオープン)
  • 料金体系:Citizen Membership($300/月)Day Tripper Membership($100/月)Day Pass($30/日)の3種類
    • Citizen Membershipはいつでもスペースを利用可能。ロッカー・郵便受けを使える。
    • Citizen Membershipで信頼を得られるとResident Menbershipになる。専用の机と鍵を渡され、24時間年中無休でスペースを使える。
    • Day Tripper Membershipは一ヶ月に4回まで利用可能。このメンバーになることで自分を「NWCのメンバー」と名乗れる。
    • Day Passは一日だけNWCの雰囲気を感じるためなどに、連絡なしに利用可能。
  • メンバー:現在約70人のメンバーシップ
    • Coworking Visa」というコワーキングスペースを広めるプログラムに参加。
  • スポンサー:PEARSON http://www.pearson.com (ビジネス言語教育の会社)

「New Work City New York」の歴史

2008年、準備期間。NWCの初めてのWEBページが立ち上がる。

NWCの初めてのWEBページ

いかにも「今ここから僕達が作っていくんだ」という雰囲気が伝わってくるWEBページ。
このときのmembershipsを見ると、現在の料金体系よりも高く設定されていたことがわかる。
その後、料金体系は最も高い時で$600/month、その後$500/monthになり、今の$300/monthに落ち着いている。

歴代のWEBページは大事にアーカイブされていて、以下URLからこのページにもアクセスできる。

http://www.nwcny.com/index-version-1-2008-07-08.html

2008年11月1日、今とは別の場所でNew Work City 1.0 がグランドオープンする。一週間でメンバーが集まりきる。

2009年5月1日、場所を移し、New Work City 1.5 がオープンする。

そして2010年9月1日現在の場所へ。New Work City 2.0。

このNew Work City 2.0へ移るとき、彼らは非常に面白い手法でファンドレイズ(資金集め)をしている。

彼らは主に二つのWEBサービスを使ってファンドレイズをした。

KICKSTARTER」というサービスと、「MyDunkTank」というサービスだ。

かれらはこれらのツールを用いて、$18,000近くもの資金調達に成功している。

この二つのサービスについては、次のエントリで詳しく触れたい。


「NWCU」というコミュニティ

NWCには「NWCU」(おそらくNew Work City Univ.?)というものがある。

独立して働いていくための学びの場。

お互い助け合ったり、専門的に詳しい人が先生になって教えあったり、情報をシェアしたり。

それを促すイベントも、かなり頻繁に企画されている。http://www.nwcny.com/u/

参考:

NWCNY.com

http://meetinnovators.com

http://www.linkedin.com


3 Comments

  • Pingback: Tweets that mention コワーキング・スペース「New Work City New York」Vol.2 | twnr.net -- Topsy.com

  • つっちーさんのおっかけ
    2010年12月11日 - 1:48 AM | Permalink

    先ほどに引き続いて失礼します(^_^)

    今、SFCで「シェアハウスをやろう!」と言っている子たちがいるのですが、ま
    さにこういった場所を目指しているのだなと思いました。

    開いてる時間:月〜金曜日 9:00〜信頼に置ける、鍵を持った人が最後にスペー
    スを出るまで。(通常最低でも19:00まではオープン)ってサラリと書いてあり
    ますが、これって結構すごいですね。セキュリティに不確定要素が含まれている
    のに成り立っていますから。ここで言う「信頼を置ける人」というのはResident
    Menbershipを長く続けている人のことなのでしょうか?

    歴代のWEBページは大事にアーカイブされているのも素敵ですね。自分たちの歴
    史を自分たちでとても大切にしている。誇りが感じられますね。
    http://www.nwcny.com/index-version-1-2008-07-08.htmlのWEBページは見た感
    じちょっとごちゃごちゃしてるけど(^_^)、カラフルな手書きがとてもお洒落で
    すね。「あの頃ペニーレインと」っていう僕の好きな映画のOPみたいで、個人的
    にもとても好きなスタイルです。

  • Pingback: detlog.org » NY のコワーキングスペース「New Work City」創業者来日イベントレポート【後編】

  • Comments are closed.