自分で何かをはじめちゃった人は、おなじく自分からなにかを”はじめちゃってる”人を絶対にけなさない

原宿テラス女将、みゆきちゃん(@MiUKi_None)が”みゆき節”で、興味深い記事を書いていた。

「面白い人に会いたい」と言って会いに来る人には「死ね、クズ」と思っている

この記事にインスパイアされて、この記事を書いてみる。

これはこの5月にSocial Innovation Forum: JapanのDelegatesとしてシアトルに行って、自分のこと、原宿テラスのことを、HUB SeattleOffice NomadsのFounderたちと話したときのこと。

それこそ、最初は「恐れ多い〜!」と思いながら、今原宿テラスで起こっていること、どんな形で立ち上げたか、そこから何を感じているかを話したら、
めちゃくちゃ面白がってくれて、「もっと教えて!!」って言ってきてくれた。
「僕たちも今こんな問題を抱えてるんだけど、君たちはそれをどうやって解決してるの??うわ〜!この仕組み、グレートだね!ぼくらもやってみたい!」って。

自分で何かをはじめちゃった人は、おなじく自分から何かを”はじめちゃった人”(はじめたいと”思っている”のではなく)を絶対にけなさないし、
お互いに学び合えると思って、ちゃんと向かい合って話をしてくれる。
何かを始めることの、不安な気持ち、大変さを知っているからだと思う。

インタビューするときだって、自分の体験、自分の体感の話をしたりすると、インタビューする人⇔される人から、「仲間」になって、本音を話してくれたりする。

フォロワーでいることは、なんとなく楽に自分を確かめているような気になれるんだけれども、自分から立場を下にしてしまって、良い風に使われるだけになってしまう。

これは28日のワークショップでも話す内容の一つだけど、「遊ぶ」って相手と自分が対等じゃないとできない。多分双方とも面白くないんです。

自分で自信がなくなってしまうと、これすごくやってしまいがちなのだけど、ちょっと踏ん張って、小さくでもいいから何かはじめてみよう。
自分が素敵だと思うことをやっている人を見つけたなら、自分ならどうやってやってみるか、少し自分で考えてみよう。
自分のためにもメモっておく。

One comment

  • つぼ
    2013年1月3日 - 9:16 PM | Permalink

    > 何かを始めることの、不安な気持ち、大変さを知っているからだと思う。

    これは揺るぎない真理だと思います。相手と自分の境目が無くなってるんですね。

    今年もよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>